おねしょ |

おねしょについて

成長とおねしょ

2012.03.12 Mon

09:47:35

赤ちゃんの時期はオムツを常に装着し幼少期にはトイレのやり方をマスターして、オムツを使用しなくなる子供がたくさんいますが、寝ている間のおねしょは改善されないというケースも多くあります。
幼児期といえば肉体的にも成長しきれておらず、膀胱もまだ小さく、生理機能上、おねしょをしてしまう場合も多数あります。
それゆえこの幼児期は、いくらおねしょをしたところで全く心配しなくて良いでしょう。
おねしょが治っていないので、夜だけはまだオムツをつけているという子供もいることでしょう。
強引にオムツを取ることもないのですが、就寝中の子供を目覚めさせてトイレへと行かせることは逆効果です。
夜はおねしょしないための抗利尿ホルモンの量が増加し、成長すると共におねしょする数も減少してくるでしょう。
これが夜中に目覚めさせてしまうと、睡眠不足にもなりますし、このホルモンが出る量まで少なくなってしまうので、いつまでもおねしょをし続けることになってしまいます。
それから、水分の摂取量を少なくしたり、寝る前にトイレに行かせたり、体を冷やさないように眠ったりなど生活の細かな点を見直すことでも、おねしょをしなくなっていきます。
幼児期になると、社会との関わりも増え、友達などとも意欲的にコミュニケーションを図る機会が増えてきます。
そうしたときに生活の変化によってストレスを溜めてしまいそれがおねしょとして出てしまうこともありますので、ストレスを緩和してあげるとおねしょが改善されたというケースもあります。
そのほか、おねしょをしてしまったことに対して親が説教しても良い結果は得られないため、親は子供を思いやり苛立たずにおねしょに対応することが一番の薬ともいえます。

オススメ情報

ストレスとおねしょ

2012.03.12 Mon

09:47:00

成人男性は女性と比較した場合に、体の仕組みから言っても、おねしょは少ないはずと思うかもしれませんが、おねしょをしたことがあるという男性は少なくありません。
幼少期には全然おねしょをしたことがなかったのに、大人になって初めておねしょをしてしまうという男性が少なくないと言われています。
これは、例えば仕事上で大きなストレスを抱えてしまって自律神経が正常でなくなったり、お酒を飲みすぎたりすることが重大な引き金となっている場合があります。
なのでストレスをなくしたり水分を飲み過ぎないように心がけるなどの生活環境を変えることで、おねしょが改善される場合もあります。
ときたまおねしょをしてしまうぐらいであれば悩む必要はありませんが、おねしょの回数が多いとすれば夜尿症の可能性もあるので、医師に診せて、きちんとした治療を施してもらいましょう。
そして、前立腺の病気からくる頻尿や尿漏れは男性に多い症状で、おねしょもその症状の一つであることもあるので、こういう人も専門の病院を受診し治療を受ける必要が出てきます。
さらに、老化に伴っておねしょが起きる場合もあります。
おねしょの回数がそれほど多くなければ、ストレッチをすることで骨盤の底力に限らず、体にある全ての筋肉量を上げるための体操に励んだりして、日常生活の工夫でおねしょが改善されることがあります。
大人の男性のおねしょは、自分が情けなくなったり、家族にも話すことができないなど隠しておきたいものとされますが、現実を認めてゆったりとした気持ちで向き合うことが一番効果的です。

尿のコントロール

2012.03.12 Mon

09:46:26

小さい頃には、おねしょする子供もたくさんいますが、小学生においては、低学年の子供で全体の10パーセント、高学年の子供で5パーセントといきなり少なくなります。
小学生になると、体も大きくなってくるので膀胱の容量も増加し、排尿をする間隔が長くなり、おねしょが引き起こされなくなるのです。
けれど、小学校に行く年齢になっても一週間のうちの半分以上の日数おねしょをしてしまう子供は夜尿症と認められ、家庭で生活改善をすることになりますし、症状によっては病院での治療も必要になります。
夜尿症の原因はいくつかありますが、多くは抗利尿ホルモンによって尿のコントロールがしきれていないということが関連しています。
正常時だと夜中に長時間眠るので、夜中に分泌量は豊富になるのですが、夜の時間帯が来てもこのホルモンの分泌量が増加しなければ、おねしょが生じます。
あとは、体が大きくなると膀胱も容量がアップするのですが、中には小学生でもまだ膀胱が小さい子供もいて、尿が溜められなくておねしょしてしまうこともあります。
小学生の子供は感受性が豊かで、自分の置かれている状況や生活が一新されることによって、ストレスが多くなり、自律神経が乱れ、そのせいでおねしょをしてしまうというケースもあります。
そうしたことから、ストレスを軽減させるとおねしょが減ることも多々あります。
夜尿症の対策には、その原因によって違いますが、共通した点としては、生活のペースを乱し、悪循環を巻き起こすため、就寝中に目覚めさせないようにすることです。
さらに、親は子供を怒ったりせかしたりしがちですが、無理のない程度に毎日の暮らしの改善を図り、気長に構えていてあげることが非常に重要な点です。

尿漏れやおねしょ

2012.03.12 Mon

09:45:57

大人は、膀胱も大きくなり抗利尿ホルモンも十分分泌されるようになるので、生理機能が未熟なことに起因するおねしょをする可能性は滅多にいません。
しかし、子どもを産んだことがある女性は、尿漏れやおねしょが起こりやすくなります。
そうしたことから、頻繁に下着を取り替えたり、普段からおねしょパットを使っているという人もたくさんいます。
もともと女性は、尿を出す力や尿道を塞ぐ力が男性と比較して弱く、身体の構造上尿漏れしやすい作りとなっています。
そのため、子どもを産んだ経験があったり、高齢のため体にある全ての筋肉が弱まることによって、骨盤底力や靭帯が緩んでしまいます。
それで尿道の力もさらに小さくなってしまい、その結果尿漏れやおねしょといった状態が発生してしまうのです。
こういうタイプのおねしょを回避するには、骨盤底力のみならず身体全ての筋肉をストレッチを実施して強化していくことが大切ですが、それでも改善が見られない場合は、医師に相談し、治療を始めることがいいかもしれません。
また、この体の構造のせいで、女性は膀胱炎にもかかりやすいので、そのような事態になったら、急いで専門の医師に診断してもらうようにしてください。
さらに、このごろはストレスが多いためにおねしょが起きる人も増えていて、ストレスを軽減させたらおねしょが改善されたというケースもあります。
生活を規則正しく行い、水分の摂りすぎに気をつけ、女性は特に寝るときに体を冷やさないことなど生活改善をすると同時に、すぐに結果を求めず落ち込まないようにすることも、おねしょを防止するために非常に重要なことです。

おねしょ対処商品

2012.03.12 Mon

09:45:35

おねしょに対処するための商品は、おねしょのタイプや年齢ごとに様々なものがあります。
幼児は、夜におねしょをしてしまう場合が多いので、オムツを使用している子供も数多くいますが、トレーニング用のオムツを使用すると良いでしょう。
また、パンツで寝るようになったら、おねしょ用のパンツを使うようにし、仮におねしょしたとしても、布団が濡れないように水を通さないマットやシーツを用いることをおすすめします。
防水シーツというのは洗濯機で洗える素材でできており、価格も高額でないため、活用している人はたくさんいます。
大人のおねしょや尿漏れの対策グッズとしては、臭いも防ぎ肌触りも良く、簡単で携行するのに適している尿漏れパットを愛用している人が増えているようです。
そのほか、女性において尿が微量しか出ないときであれば、パットを生理用のナプキンに置き換えて利用している人もいます。
年をとっている人のおねしょの場合は、成人専用のオムツを使うのが普通ですが、オムツに抵抗がある高齢の人も大勢いるので、じっくり説明を行ったり気持ちを察してあげながら使用する必要があります。
オムツやパンツそしてパットという感じで、年齢別にいろいろな対策グッズがあるわけですが、全てのものに該当することは、清潔に保ちこまめに取り換えることです。
さらに、年配者や出産後の女性などの尿漏れやおねしょ対策のためには、骨盤底力の強化ストレッチがありますが、ストレッチを覚えるためのDVDもおねしょ対策のためのグッズの一つです。
対策グッズとは少しばかり違ったものになりますが、おねしょを軽減するとされるサプリメントや漢方を摂取する人もいます。

年齢や性別ごとにいろいろなタイプがあるおねしょ

2012.03.12 Mon

09:45:10

おねしょは、年齢や性別ごとにいろいろなタイプがありますが、子供の時期にするおねしょは、身体のつくりが不十分であることに起因しているため、おねしょをしないようにするなら、親の捉え方が一番重要になります。
子供は親におねしょを怒られることでおどおどしてしまい、それが大きなストレスとなって、自律神経の悪化にも繋がりますので、親は叱りつけたりせずにそっと目をかけてあげるようにしましょう。
また、睡眠中のおねしょを回避させようとして親は子供を起こすことがあるかもしれません。
しかしながら、これは睡眠を妨げることになりますし、本当なら、寝ている間に大量に分泌されるはずの抗利尿ホルモンがあまり出なくなるため、夜間は眠らせたままにしたほうが良いです。
そのほか、希望通りにおねしょがなくならないからといって、兄弟や周りの子供の友達と比べがちになりますが、親も子も急がずに対応していくことが大事です。
そのほか、大きくなってからのおねしょは夜尿症が原因である可能性もあります。
この場合は、病院で治療をすることや、おねしょの頻度が少ないとすれば、ストレスの軽減や水分摂取を控えたりするといった普段の生活を見直すようにすると良いでしょう。
そのほか、男性・女性関わらず年を重ねた人や子供を産んだことがある女性は、骨盤底力の筋力低下によって、尿漏れやおねしょが起こることがあります。
これを解決する方法としては、骨盤底力や体の筋肉に刺激を与えるストレッチをほどほどに取り組むと良いでしょう。
また、男性では前立腺の病気が原因で尿漏れやおねしょをしてしまっているのかもしれないので、医師からの投薬などの治療を行うことが望ましいのです。

排尿トレーニング

2012.03.12 Mon

09:44:18

おねしょをする数や日が多く見られるときは、医師から夜尿症であると判断されます。
一方、軽度の夜尿症の場合は、生活リズムを整え必要以上に水分を取らないなどの毎日の生活の仕方を健全にすることが治療の第一歩となります。
しかしながら、重度の夜尿症の場合は、生活改善だけでは不十分なため、薬を飲むなどの治療が必要になります。
幼い子供がしてしまうおねしょは、膀胱がまだ未発達であることも考えられるので、膀胱を鍛えるのに夜尿アラームの使用も考えると良いでしょう。
このグッズを、就寝する直前にパンツにセットすることにより、尿の水分を感じとってアラームが鳴り、その音が持つ機能によって尿の排出をセーブすることができます。
このアラームは、夜中に目覚めさせるためのおねしょを防ぐアラームではなく、膀胱の容量自体を大きくして、おねしょを治療していくことを目標としており、使用期間は1ヶ月から3ヶ月程度とします。
あとは、夜尿症が重度であれば投薬がなされ、その中では抗利尿ホルモン薬や抗コリン剤、三環系抗うつ剤といった薬を飲むことになるでしょう。
夜に抗利尿ホルモンの分泌が少ない場合なら、専門家に相談して、夜間の尿が薄いということがわかったら抗利尿ホルモン薬を処方されます。
しかしながら、この薬を飲んでもおねしょが改善されないときは、三環系抗うつ剤もしくは抗コリン剤を服用し、排尿トレーニングも指導されます。
こうした薬剤は、水中毒などが生じる可能性もあるので、状態によって適切な投薬を行うことになります。
これらの治療については、生活改善も同時に行う必要があります。

おねしょ

2012.03.12 Mon

09:43:36

おねしょに関しては、男女の違いや年齢によって種類や原因がいくつか考えられます。
一つに、幼い子どものおねしょは、膀胱が小さいので容量不足であるということ、すなわち、体の機能が未発達であるということが原因です。
小学生になったり大人になってもおねしょを繰り返ししてしまうときには、夜尿症の危険性もあり、この病気は、抗利尿ホルモンの分泌量が夜になっても増加しないことが主な理由となります。
そして、大人の女性で子どもを産んだことがある人は、骨盤にある底力の筋力が弱まってしまうことで尿漏れやおねしょが起きる場合があります。
この場合は、骨盤底力のストレッチトレーニングを行うことによって、尿漏れやおねしょをしてしまうことがなくなると考えられます。
大人の男性に関しては、前立腺の疾患によって、尿漏れやおねしょをしてしまう人がいますが、これは病気を治す必要がありますので、病院で投薬治療などを受けることが良いでしょう。
そして、性別に関わらず年を重ねることによっておねしょに悩まされるケースがありますが、これは全身の筋肉が衰えてしまっているという原因があります。
そのため、骨盤底力を中心に、無理はしないようにしながら全身のストレッチを実施することをおすすめします。
ほかに、おねしょの原因に共通するのは、水分を大量に摂取してしまったりストレスを抱え込んだりすることですが、このような点に留意し、規則正しい生活を行うとおねしょが治ったとの報告もあります。
おねしょというのは落胆するものですが、当人も周りの家族もゆったりとした気持ちを持って、受け入れながら治療を少しずつ行うことが最適な手段と言えるでしょう。

夜尿症

2012.03.12 Mon

09:43:18

おねしょには様々な種類があり、通常は一時的なものと思われていますが、病気の現れである可能性もあり、例えば夜尿症や前立腺異常などが該当します。
この夜尿症というのは、一般的なおねしょ特有の病気です。
子供のおねしょは、体の機能がまだ成長しきれていないといった生理的な問題なのでさほど心配しなくて良いでしょう。
でも、小学校に入っても、さらには大人になってもおねしょが治らないという人は、夜尿症と診断される確率が高いでしょう。
夜尿症は、夜に頻繁におねしょをするのが症状として挙げられます。
抗利尿ホルモンと呼ばれる尿の量を抑える働きを持つものは、普段は夜になると分泌量が増します。
でもこの病気になると、夜のホルモンの分泌量も日中と変わらなくなってしまうため、結果としておねしょをしてしまいます。
夜尿症の治療方法は、症状の程度によって異なってきますが、おねしょが頻繁で、大きくなった子どもまたは大人であれば、病院で診てもらうようにし、薬を使いながら治療に取り組んでいきます。
反対に、それほどおねしょをすることはないという人は、ストレスを減らすことや、寝るときに体が冷えないようにすること、寝る前に水分をあまり摂らないように配慮するなど、生活の中で対策をしてみましょう。
それから、成人男性だとすれば、前立腺の病気のせいでおねしょが起こる場合もあるので、医師に診てもらい治療を始めなくてはなりません。
夜尿症や前立腺の疾患は、泌尿器科で相談するのが良いですが、こういった病気に精通している専門医は少ないとされています。
そのようなわけで、信頼できる専門家かどうか事前に調べ、しっかりした病院での治療を受けるようにしましょう。

トイレトレーニング

2012.03.12 Mon

09:42:59

トイレに行く練習を終えて、お昼に活動しているときはおむつを着けないでいられるのに夜になって眠るとおねしょをする子供もかなりいるようですが、目覚めているときのおもらしと寝ているときのおねしょとは違うものと考えましょう。
昼間おもらししてしまうことは、トイレトレーニングが進んでいくと回数が減ってきて、オムツなしでも過ごせるようになりますが、就寝中のおねしょは、トイレトレーニングを済ませても治らないことがあります。
幼児が夜におねしょするのは、膀胱の容量の未発達さと眠っている時に分泌される抗利尿ホルモンが少ないことが影響しているということで、生理的要素を含む働きが未成熟であるからです。
トイレトレーニングは、少しずつオムツを外す訓練をしますが、睡眠中のおねしょなら、子どもの身体が発育していくことによっておねしょをしなくなる可能性が高いため、治るのには一定の期間が必要です。
それと、寝る前にオムツを装着する子どもも多数いますが、最近は、おねしょ対策用に開発された夜用のオムツやトイレトレーニングに使いやすいオムツもありますので、それらを使用すると良いでしょう。
それから、眠っているときにオムツを濡らさなくなってきたら、トレーニングパンツを着用させ、防水シーツや防水マットの上で眠らせるようにして、おねしょをしているかしていないかを確認していきます。
そのときに意識しておかなければならないのが、夜に目が冷めてしまうと抗利尿ホルモンの量が増加しにくくなるため、早寝早起きのパターンを意識した環境に整えてあげることです。
そして、叱らずに焦らず見守ることで、ホルモンの分泌量が増え膀胱も発達し、そのうち夜のオムツも不要になるでしょう。